―流星の追憶― 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

川の上を歩くような

20061006134034


台風接近で高校が急遽お休みになりました。
雨と風がかなり凄い事になってます;
学校から駅までの20分間で濡れ鼠+傘が曲がるという事態に…orz
地元はまだマシなのですが。

あ!凄い!田んぼに水が溜まりすぎて三角波が立ってる!!(…)

今日は部の原稿と四勇者でも書き書きしてようと思います。
昨日結局日記が書けなかったから書けたら良いなぁー…。










大好きな人たちの
笑顔を護る勇者になれたら良いのに。

未熟で無力な勇者は、
どうやって宝物を護れば良い?

その剣で、間違って宝物を傷つけてしまったらどうすれば良い?


立ち尽くしていたら 宝物が奪われてしまうと言うのなら、
宝物を、…大好きな人を、傷つけてしまうかもしれなくても、

剣を手に 魔物の前に立ちはだかっても良いのだろうか…。

在るのは 強い想い
無いのは 強い力

『護りたい…――』

携帯から | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<先にバトン返信を ◆追記。 | HOME | 箇条書きですいません;>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。