―流星の追憶― 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久々。

家族と外食に行ってうっかり食べ過ぎて未だに死んでます星詩です。うぇーいorz
というかしばらく日記空いちゃってましたね;うぁ、申し訳ない…。
ここ数日家に着くのがずっと8時くらいだった上に、
疲労でかなりグダグダした生活を送ってたのが多分原因。
……うん、英単語テストほぼ何もやらないで行ったよ!自爆ったよ!!(笑顔/うわぁ
………もう知らないorz

…冗談はさておき。
28日から四日間定期考査が待ち構えてるので、
しばらくの間ネット出現率が低下いたします。多分。
いや、もしかしたら現実逃避で逆に上がるかもしれませんが(…)
本当にそろそろ勉強真面目にしなきゃ駄目なんだろな…あうあう。
ちょっと興味のある大学と最近出逢ったので。行ってみたい…。
でも文系だからなー、うん、もっと英語頑張らないと;;
世界史もやらなきゃ駄目だろうな。うん。頑張る。
とりあえず授業中寝ないようになろう(×)

さらっと今日の事も書いてみると。
えーっと、とりあえず文芸部、一年生の子が久しぶりに復帰。良かった良かった。
狂月(朋月)氏と先輩と大阪(千秋ちゃん)がぐったり。心配…。
こういう時って何も出来ないから居た堪れないんだよ…orz
お仕事は特には無かったかな?みんなで気楽にグダグダしてましたよ。
関東大会に出す短歌各自で考えたり、あと適当に勉強したり。
うん、本気で勉強 ヤ バ イ ☆(orz
授業中爆睡してた私が馬鹿でした。そろそろネット時間減らす努力始めるか…?orz

で、解散後は私は一人で某ショッピングセンターへ。
…そういや、解散する前…あの後ろにいた大勢の集団は何だったんだ。怖い。
まあそれはさておき、そこで家族と合流してちょっと買い物してきました。
よし、これで明日は大丈夫v(ぐっ
本当はもうちょっと色々考えてたんだが…時間……無かったよ先生…orz
うう、悔しい。……まあ、まだ一度くらいは機会…あると良い、な…!;

で、その後は久しぶりにそのまま家族で外食、と。
それで冒頭に書いたとおり現在げっそりしてる訳で。食べ過ぎたorz
帰宅してから1時間ちかくぐったり動けなかった私は馬鹿だと思います。本気で。
だっ…だって……だって美味しかったんだもん勿体無かったんだもん…!;



さて、明日が今から楽しみでなりません。うわーいうわーいオフ会ーv
テスト前だということはサックリきっかり忘れます。
明後日から頑張れば何も問題はあるまい?うん、無い。無いってことにする。

では今日はこの辺りで失礼しま―――せん。まだネタが。
昨日某さん方とチャットでご一緒して話題にのぼり、
以前からやってみたいなーと思ってたのもあり丁度良い機会なので、
我が家のカップルスタイルでもちょっぴり語ってみます。長いかもなので追記から。
それが終わったら今日はさっさと寝る予定。さーて、明日は遊ぶぞー!

……あの、Mさん、やっぱり一緒にエレベーター逃げません?(うわぁ
(だってだってだってだって 怖 い あ そ こ ……!)
………ま、負けない。度胸もちゃんと持っていきます。 
 
そんな訳で語ってみますぜ。我が家のカップルスタイルー、どどん。
えーと、ネタバレが…とかそういうのは控えめ、な、つもり。だよ?
あ、でも、既出キャラはネタバレ容赦無いのでお気をつけて。
名前が伏せられてる子もいますが、うん、気にしたら負け。
とりあえず裏に行きそうな子も含めて千差万別に。


・テラとタータ(地上×地下アナサジ/本当これどう略せば)
一組目はメテオスより。我が家のメテオス面では今の所看板CPですね。
えーっと…この二人は、お互いにぴったりと寄り添ってゆっくり歩いてる感じ、かな。
テラはタータの腕を抱きしめてるかもしれない。
ペースは本当にゆっくり。お互いの顔を見ながら(確かめながら)歩いてるので、
どうしても遅くなっちゃうというか何と言うか。
タータの方は照れてちょっと視線を外したりもするんですが、
自分に触れてくれているテラの腕を絶対に振り払おうとはしない。
ある意味ではお互いに依存し合ってるカップルなので…。
お互い、自分を必要としてくれた唯一の存在な訳ですしね。
この二人、多分周りは何も見えてません。というか、見てません。
でも(時々は)不安になることもある訳で。
そんな時はどっちかのペースがちょっと乱れるので、
どちらともなく立ち止まって、二人で見つめ合ってる感じ。
私(僕)は本当にここにいても良いのか、ってお互いに同じ不安を抱えてる子達だからかな。

でも今は、テラは一人な訳で。
どうしようもない寂しさを抱えながらも、テラ、頑張って歩いてます。
“思い出”の全てを抱えているので、歩みは遅いし、正直かなりしんどい。
でも、絶対にテラはその思い出を棄てようとはしないので、
大切すぎる思い出を抱えたまま、ゆっくり一人で歩いていく。
本当なら、思い出を抱えたままずっとそこにうずくまっていたくても、
少しでもタータの近くに行く為にテラは歩いてます。そんな感じ…?
自分がずっと塞ぎこんでたら、
タータがどんなに自分(タータ)自身を責めるかテラは分かってるので。
少しずつとはいえ、前に向かって歩いてるみたいです。


・――――とルテ(ヒュージィ×フォルテ)
ヒュージィの名前いつ出せるんだ…初対面でお互い名前隠してたなんて設定にするんじゃなかったorz
…それはさておき。この二人は、……走ってる、かな。むしろ飛んでるに近いかも。ヒュージィは少しなら飛べるので。
ヒュージィが、ルテの手を引っ張って、それはもう元気に走ってます。
ルテは、それに必死で着いてってる感じ。
でも、完全に強引なわけじゃなくて、ヒュージィが握ってるのはルテの“手”。
手首じゃないんです。
だから、ルテも離そうと思えばすぐに離れることが出来る。
…けど、ルテは離しません。ぜーはー言いながらも一緒に走ってます。
遊園地ではしゃぎまくってるお兄ちゃんと、それについていく妹、っていうのかも。
まずヒュージィが面白そうなのを見つけて、ルテ引っ張って猛ダッシュ。
辿り着いたら自分でももちろん楽しむけれど、一緒に居るルテが笑ってくれたらそれはもう凄く嬉しい、という純粋な思い…かな。
ルテも、結構自信が持てなくてオドオドしてしまうタイプなので、
いっそ強引に引っ張ってもらった方がある意味気が楽みたいです。
でも、ずっと走りっぱなしって訳ではなく。
お互いに、お互いがいつもと違うと感じたら走るのやめます。
特に見つめあったりとかそういうのでは無いけれど、
その手は離さないまま、二人で並んで座るか何かに寄りかかって休む。
それで、ぽつりぽつりと会話を交わして、相手の毒を抜いてあげる。
そうしたら、また走り出す。ある意味パワフルだな…。
本当にお互い正反対なので、最初は戸惑ってたみたいですが、
今はもうお互いに信用しきってます。
ルテは、ヒュージィが連れて行ってくれるなら何の不安も持たないし、
ヒュージィはルテが信じてるのを分かってるから
何処へでもルテを引っ張って走っていける。そんなカップルです。


・パレッタとレサレサ(マリオストーリーより)
我が家では割と活躍してるのでこいつらも。
この二人は、うーん…背中合わせで座ってる、かな。
まだお互いにどこか擦れ違ってる所があるというか。
背中にお互いの体温を感じてはいるけれど、気持ちはまだ良く分からない。
お互い、時々こっそり振り返ったりしてるんですが、
未だに運よく双方が同じタイミングで振り返った事が無いので、
両思いだとはお互いにまだ気付いていない。
レサレサは結構露骨なんですけど、(全然隠せてない)
うちのパレッタはこれでもか!というほど鈍感なので。
自分が恋愛対象として見られているとは思っていないようです。
でも、その内に少しずつ気付き始めます。相手が今振り返ったこととか、
背中にかかる重み(信頼と想い)が少しずつ増してることとか。
多分そのうち、レサレサが振り返ってる時にパレッタが振り返ります。
で、目があって、その後もしばらくはまごまごするだろうけど――
多分どちらともなく立ち上がるでしょうね。
で、ちゃんとお互いを(レサレサは照れ隠しで視線ちょっと外したりもするけれど/自信がはっきり持てないのもある)見ることが出来ると。
我が家ではまだこの二人はここまで来てませんが、将来的な妄想はこんな。
最終的には、パレッタがレサレサを抱きしめてあげる感じのイメージです。
レサレサも逃げません。


・天界でも有名な大天使と孤独な悪魔の少女(オリジナル)
水面下カップルなんですが、個人的に気に入ってる二人なので。名前は伏せ。
天使と悪魔の恋愛ってありきたりなんですけどね。大天使と下っ端悪魔。
うーん…この二人は、天使の方が悪魔の子を抱きしめてるんですよ。後ろから。
自分の大きな翼で、その子を護る(隠すともとれる)ようにしながら。
この悪魔の境遇がまたアレで…とにかく、同情が恋情に変わってしまったと。
ただ、やっぱりこれは禁忌なので、直視は憚られる。
目を閉じたままで、天使は悪魔の子を抱きしめてます。
離せば良いと分かってはいるのだけれど、離すことが出来ないと。
悪魔の方も、天使を愛してしまったことに罪悪感を感じながら、
(ちなみに天使の方は罪悪感は欠片も感じてない/禁忌だとは分かってるけど)
その温もりから抜け出して、冷たい世界に帰る事が出来ない。
ただ、色んなことが申し訳なさ過ぎて、振り返れない。
目を伏せるようにしながら、
自分を抱きしめてくれてる天使の腕を躊躇いがちに触れてるようなそんな感じ。
ただ、この二人のポイントは、後ろから抱きしめてるってことで。
天使の胸と悪魔の子の背の間には、悪魔の子の羽があるんです。触れ合うのを遮ってる。
だったら前から抱きしめれば良いんですけど、お互いにそこまでの勇気がまだ出せない。
こっそり隠れて一緒にいるような二人ですからね。うん。
…最終的には、もっと正面から向き合っていれば良かったと後悔する事になる訳ですが。


・カーレッジとクリスケ(四勇者)
コンビです。
…ふう、とりあえず前置きした上で。コンビスタイルを語っても何ら問題はあるまい?うん。
この二人は、手を繋いで歩いてるとでも言うのかな。
クリスケがカーレッジの手を握って、カーレッジも(やや控えめに)握り返して、
とりあえず現段階ではカーレッジが一歩先に出て歩いてるようです。
危険がどうしても多いので、一歩先に進んで、何かあったらクリスケを護れるように。
空いてる方の手にはちゃんと星流が握られてます。
つまり、テラタタみたいに隣同士寄りそって歩いてる訳では無いと。近いけどね。
話すことに支障は無くても、クリスケからはまだカーレッジは後姿しか見えないんですよ。
だからクリスケにも少々の不安はあります。
でも、ちゃんと手を握ってくれているし、時折は振り返ってもくれるし、
会話を交わしてもいるので、大半の事は信じられてる様子。
その内、この現状と護ってもらうだけの自分が嫌になって、
クリスケは少し背伸びして(早歩きして)並んで歩くようになるんですけどね。
ただ、中盤でちょっと色んな事があるので、やがてこのスタイルも変わります。
正直、クリスケにはキツいこと。歩けなくなりかけますから。握ってる手も自分から離した方が良いんじゃないかなんて考えたりもします。
でもちゃんと乗り越えますので、ご安心を。
その時は…うーん…カーレッジがクリスケを支えてあげてるかな。
背中に手を回して、ぽんぽんってあやすようにしながら。
クリスケは、自分の弱さを見るばかりで気付いてないけれど、
カーレッジもクリスケに支えられてここまで来れたわけで。
後ろに守らなきゃいけない人がいて、振り向けば話をしてくれる人がいたからこそ、
カーレッジは自分を保ててた訳ですからね。うん。
その事にカーレッジが気付かせてあげないと、クリスケ、ピンチです。頑張れ。
最終的には、二人はまた歩くスタイルに変わります。
でも違うことは、手を繋がなくなるんです。並んで同じペースで歩く。
もう、手を繋がなくても何の心配が無いくらいお互いを信用するようになるので。
調子が悪かったりした時は、気付いた相手の方が先に立ち止まりますけどね。


……な、長っ!!やり過ぎたか!?;
うん、とにかく楽しかったです、これ。文章が次々出てくる…!
えーと、うん、トリのやつらはノーコメント。…やりたかったんだもん!
そんな訳で今日はもう寝ます。おやすみなさーい。

オマケ
純粋な子は見ちゃ駄目です。
(クリスケとカーレッジ第三次創作バージョン)
…のときは。歩く、じゃなくて、お互い抱きしめる、です。
置いていかれるのが怖いから、置いていかれないように。
そして、相手の心を救うことが出来るように。
身長差から、クリスケはカーレッジの顔を見る事は出来ないんだけど、
少しでもカーレッジの心を救えるように繋ぎとめておけるように、
目を閉じて、ぎゅっと思い切り抱きしめてます。
カーレッジの方も似たり寄ったり。クリスケの顔は見えないけど、
クリスケを見つめて、救えるように繋ぎてとめておけるように抱きしめてる。
お互いに依存してますから、第三次という名の妄想の世界では。うん。
絶対にお互い離しません。むしろ離させません、お互いに。
周り多分何も見てない。バカップルも良い所だ……。
そんなスタイルじゃないかという妄想。

…………。……ごめん、反省はしている。後悔はしていない。(貴様
日記 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。