―流星の追憶― 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夜景紀行

とりあえず携帯から失礼して。
後ほど時間出来たらちゃんとした日記とかバトンとかを追記する予定。
今日の夜空は凄く綺麗でした。
明日からは梅雨入りらしいから、よく目に留めておきたいなぁ。





20070613193907.jpg
太陽の最期の日
ダークマターが空を覆う
皮肉なほどに強い煌は
闇も光も焼き尽くすのでしょう

(ちなみに太陽の位置にいるのは唯の外灯です)
(いつか太陽が破裂する日、本当にこんなになる確率は多分0%)


20070613193910.jpg
愛と豊穣と戦争の女神は
唯静かにその鳥を見つめている
女神の胸元に煌く首飾りには
太陽を飲み込んだ闇色の鳥の翼でさえも
届く事は出来ないのだから

(愛と豊穣と戦争=ヴィーナス=金星)
(確か、ね、確か。うん。ちょっと自信無い……ギリシャ神話と混ざる…)
(ギリシャ神話だとヴィーナスはアフロディテで良いんだっけ…?この人は確かアレス(戦いの神)と結婚してたーけどー…)
 
携帯から |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。