―流星の追憶― 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お題を色々考えてるのでその前に詩とか

※この日記は8月25日に書いた物です。


風が歌う

この大地を、この蒼空を、駆け抜けながら

永遠に終わらない この星の歌声

耳を澄ませれば 聞こえる

風の歌声


たとえ 嵐のような歌であろうと

その歌に怯え、泣く子がいたとしても

いつか 虹と共に風は

優しく草をなでで歌ってくれる事を 私は知っている



たとえ今、風の歌が荒れ狂っていようと

きっといつか 虹と共に

そよ風の歌は 聞こえるはずだから


私は負けずに 立っていようと思った


きっとそうだと 信じているから

・・・・・・・・・・・
庭に咲いたコスモスを見て。
台風の風にあおられても、ぜったい負けない、そんな花。
その姿に自分の理想を重ねつつ・・


某所で書いてる物語と地味に接点あります(笑)
ああ、あの物語ずっとほったらかしだよ・・orz
・・・・・・・・・・・


たとえ今 どんなに辛くても

きっと嵐の後には 虹と風の歌が聞こえるはずだから

そう信じて 立っていよう

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ようやっとリンクが貼れました。 | HOME | お題に挑戦してみようと思います。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。