―流星の追憶― 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

昔のバトン発掘

 
受験期中、ちょっとだけ出たネッサで拾ったバトンを答えてたのが出てきたので、
このまま眠らせとくのもなんだしちょっと乗っけてみますー。
多分センター終わったあとくら…い…?いや、前かな?

ちなみに結果は追記から!




「心理テストバトン」

■最初に回す人を5人

すごく今更感があるのでフリーパスで。
多分もう大半回ってる…かな?


■次の接続詞に続けて文章を完成させてください。
みな独立した文章です。


1.「しかし」
それは貴方の知る彼に過ぎない。


2.「やがて」
笑える時も廻るのでしょう。


3.「ただ」
貴方の傍にいたかっただけなのに。


4.「だって」
せっかくこの世界に生まれたのに。


5.「そして」
私はそれを閉じ込めた。


6.「水たまりは」
人を殺せる。


7.「あの子って」
本当にここにいるのかな。


8.「今日の私は」
くるくる空中浮遊。


9.「すこしは」
何かを思い出せたかな。


10.「涙は」
心の声なのだと言われた。


 
 
で、結果はこんなかんじ。
なんか全体的に(・ω・)なのはあれなんだ…じゅ、受験期だったからさ…←←
直感放置で詩感や語感を重視してたせいでなんか全体的に電波だぜ…。

まあそんなわけで。



1.『しかし』とはこれまでのことを振り返るときに必ず使います。
つまりこの後に続く言葉は『今までの人生』を象徴します。

色々見方がズレてるってことかな…?;


2.『やがて』は近い未来を予想、あるいは予測する時に使います。
あなたが今一番気になる未来…『恋人との行方』を表します。

地味に一番嬉しかった。だと、いいなあ。


3.『ただ』これは後に『…だけ』などが続き、非常に少数なものを語る時に使う接続詞なので
『一人の時のあなた』の状態がここで浮き彫りにされるでしょう。

寂しがりやにも程がある!


4.『だって』はもちろん言い訳する時の常套句(じょうとうく)です。
あなたが言い訳する時、あなたが知らず知らずのうちに自分の欠点を語っているのです。
人のせいにしてしまおうと言い訳しているはずなのに、
実は『あなたの嫌なところ』をさらけだしてしまっているのです。

けって…ん……だと…!?
ちょっと、うん、ここは泣くかと思った。一度きりの人生じゃんか…!


5.『そして』は現状を受けて、その延長線上『あなたの老後』がここに映し出されてます。

なにを閉じ込めるんだろう…。


6.『水たまり』というのは真実を映す鏡の象徴でもあります。
水たまりをどうとらえるかによってわかるのは『あなたの本当の姿』です。

長々ツッコミ入れてたらキリないわと思って、
ここまでは割と控えてきたけどこれだけは弁解させてくれ!
違うんだジョニー!私はそんな人じゃないYOOOO!!\(^o^)/
多分あれ…このころちょうど、
水溜りに沈んだ人の詩を書いたりしてたから…なんだよ…うん…きっと……。

でも実際くるぶしまでの水があれば人は溺死出来るらしいです。


7.『あの子』これは他人を指す言葉ですね。
他人に対する言葉は裏返してみれば他人の目に映る自分を意識する言葉でもあるのです。
自分をつくろったり、よく思われたいと願う部分、これは『好きな人の前にいるあなたの態度』です。

あー、うん、結構あたってる、なあ。


8.『今日の私』、『今日』とあえて限定すると、とてもあらたまった気持ちになります。
でもそこには無理にとりつくろった偽りの心が含まれていることも事実でしょう。
ここでは『ウソをついている時のあなた』が表れてしまいます。

これは笑った!うん!ぴったり!(笑
実際ウソ付いてる時はこんなんです。だからすぐバレるんだよ…


9.『すこしは』…出来なくてもいいからわずかでもいいから努力しなくてはと、
自分を叱咤激励(しったげきれい)するような気持ちをこめたこの言葉から導かれるのは、
あなたのやる気、つまり、『今年の目標』なのです。

これも結構あたってるなぁ。
受験期で、色々手に入れたけど同時に色々なくしたし…。うん。


10.『涙』は喜び、悲しみ、感動とさまざまに揺れ動くあなたの心の代弁者です。
大人への第一歩を踏み出した『初体験の時』の不安や喜びがここでわかります。

全然わかんないよ先生!\(^o^)/
あれか…ちょっと捻ったからいけないのか……。





そんな感じで、当たってるのとねーよ!なのと半々くらいでした。いやー面白かった。
こういうバトンは気軽に出来て面白いから良いなあ。
 
日記 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。