―流星の追憶― 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

便乗してみた ◇追記修正したよ!

 
星「クレスー、今なんかすごい皆さんの間でRPGパラレルが流行ってるんだけどさ、
  お前の分もちょっと考えてみたから試しに見てみてくれない?^^」

ク「…え、えー?(嫌な予感しかしない…)」

星「とりあえず、お姫様とエルフと白魔導師は全部ミックスしてみた」

ク「……やっぱりお姫様ってのからは逃げられないんだ…;
  ねえ里音、分かってると思うけどさ、一応僕はおとk…」

星「あとねえ、性格はダークサイドの方を採用してみたよ☆<キラッ」

ク「はぁ!?;」

星「いや、Sさんのところの求人広告が素敵過ぎて……。
  だからちょっと悪役やってみてほしかったんだけど、
  お前今の性格じゃお人よしすぎてちょっとなあって思って」

ク「というかちょっと待って、ダークサイドな僕の性格って…」

星「冬眠してた頃の真っ暗どんよりマックスな頃のだね!^^」

ク「ああ…(…帰りたくなってきた……)」




前書きが酷すギル。

えーと、意味不明な書き出しで失礼しました!
今朝電車の中で色んな方の日記を巡って妄想が止まらなくなったので、
大学の空き時間にブログを更新するという暴挙に出ております星詩ですこんにちは!←
いやだって、今日家帰れるの絶対22時過ぎ+明日の宿題終わってないんだもん…orz

で、えーと、はい。
前書きのとおり、RPGバトンネタで、クレスについても色々妄想してみました。
こないだもちょろっとラフ乗っけてましたが、最終的にこんな感じになりましたよ。
090616_2255~01



長くなりそうな予感がするので、細かい設定(=妄想)は追記から語ってます。
とりあえずRPGとかファンタジーってネタ考えてるだけでも楽しすぎるわ…。




エルフ+白魔導師+お姫様と、クレスのもともとの本質等を考慮して、
見た目は大体あんな感じになったのですが、以下細かい設定。もとい妄想。
元がツリーハウスだったから森との相性も良さそうだしと、先に言い訳しときます…(笑。

ちなみに全体図。
090616_2253~01


<妄想設定>

・人とエルフのハーフ。
 耳の長さも寿命の長さも中途半端だが、その声(歌声)には魔力が宿っている。
 全身に星と月のような青い痣(ここではボディペイントじゃなくしてみました)がある。
 ハーフということと、この痣とが不気味だと疎まれて、
 大体3~4歳ごろ?に森の中に捨てられてしまう。

・本来ならそこで死ぬはずだったのだが、
 その持っていた魔力に引き寄せられた妖精達に守られ、生き延びる。
 ただ、女の子のような容姿をしていたことと、
 その森に住む妖精達はみんな女性だったことから、森の姫君として育てられていく。
 歌で動物や植物や妖精の傷を癒してあげる代わりに、守ってもらったりして。

・女性として扱われたにしろ、小さな時は男の子として育っていたので、心はやっぱり男。
 小さい頃はそれでもまだ良かったが、そろそろ姫君として振舞うのも限界が近い。
 声変わりも多分もうすぐだろうし。

・妖精たちが森の木で作ってくれたリュートをいつも持ち歩いている。
 妖精の加護なのか、物理攻撃では「決して」壊れない。
 クレスの心を酷く痛めつけさえすれば一緒に壊れますが。

・首から下げている妖精の石の力を借りれば、
 リュートを杖代わりに一般的な白魔法も扱うことができる。

・森の中にいれば、妖精達がATフィールド的なもの(←)で守ってくれるので
 ほぼ無敵(防御力的な意味で)ですが、森の外に出れば、体力的にはただの男の子。
 ハーフエルフだからちょっとは丈夫ですが。
 あ、でも、歌魔法は普通に使えるし、白魔法も妖精の石さえあれば使えます。


・森の中に人がやってくると、歌声で道に迷わせ、遭難寸前まで追い込んでしまう。
 近くの村とかには「森に住むセイレーン」とか言われてれば良いんじゃないかしら。
 (本人は追い払おうとしてるだけなんですが、
  歌の中に無意識に人を呼ぶ気持ちが入ってしまっているので、道に迷わせちゃうんですね)
 直接危害を加えたりはしませんが、もうほぼ妖怪扱い。
 森が小さいので大抵はなんとか脱出出来ますが、
 出てこれなかった人も…ちょっとはいるんじゃないかなぁ……。

・あ、でも、森に危害を加えるつもりでやってきた人間には本気で容赦ないです。
 妖精に手を出したりした日には、多分もう一生森から出られません。詳細は後述。


・精神状態は、今の普通のクレスよりも大分暗いです。冬眠時くらい?
 基本的には酷い人間不信で、でも、同時に人の愛にも飢えている感じ。

・歌を教え、自分を育ててくれた妖精たちのことは大切に思ってます。
 クレスが森から自主的に出て行かないのも、
 外へ出て行くのが怖くてたまらないだけではなく、
 妖精たちを守りたい、というのも理由のひとつ。もうほぼ共生しちゃってるからなぁ…。


<技とか色々>
・森の中にいれば防御力はほぼチート状態。(外に出れば普通か平均以下。
・防御力下げたりパラメータをリセットする魔法か道具がないとなかなか倒せなそう。
・その代わり物理攻撃力はすごく低い。
・倒す時の裏ワザ
 →ごく稀に出てくるコマンド「抱きしめる」を使うと、
  人のぬくもりに飢えているので、びっくりして動きが止まります。
  その瞬間に「説得」を使うと戦闘を終了させることが出来ます(笑。
  

・白魔法
 回復魔法全般使えます。さすがに生き返らせたりとかは無理ですが。

・歌魔法
 歌を使った回復魔法も多少は使えますが、
 基本的にはパラメータや状態変化を引き起こさせるものがほとんど。
 攻撃力や防御力、素早さのアップダウンから、
 あとは眠らせたり混乱させたり、怯え状態にさせたり、
 バーサク状態にさせたり動けなくしたり…って感じで、歌声でそれはもう操りまくります。
 あ、もちろん逆に歌でそれを解いたりも出来ますよ。

 でもこれだけじゃ流石にあれなので、攻撃魔法も多少は。
 森の中なら妖精に頼んで、植物を使った攻撃もしてくるでしょうが、
 歌単体としては、「物語の中に人を閉じ込める」ことが出来ます。
 (某さんのアイデアが素敵すぎたのでそのまま採用させてもらっちゃいました><)
 森に危害を加えにきた人たちは、
 みんなクレスによって、本(物語)の中に閉じ込められています。
 歌の詠唱にはものすごく時間がかかりますが、
 途中で邪魔されたりせずに一回発動さえ出来れば成功率は100%。
 あれです、ポケモンでいうじわれとかぜったいれいど的な。

 「昔々あるところに…」から始めて、その人の人生の「イメージ」を語っていって、
 で、「――…森の奥で、物語に閉じ込められてしまいました。めでたしめでたし」
 まで唱え終わった時点で、発動と。
 森の奥には、そうして人の閉じ込められている物語が積みあがっているとか何とか。
 まあ、途中で詠唱を妨害して途絶えさせさえすれば発動はしないんですが。

 そうそう、流石に他人の人生なので全ては知り得ませんが、
 こっちのパラレルのクレスは、「その人の本質を」「多少なら」見通すことが出来ます。
 多少、です。多少。なんとなく感じる、くらい。詳細までは流石に無理。
 そのなんとなく感じたその人の本質を歌い上げていくんですね。


 「ほろびのうた」的なものも歌えたら楽しいと思う(笑。
 それと。パラメータ変化系の魔法は、その魔法をかける相手に直接向けてるので、
 耳を塞げば多少効果を防ぐことができます。
 攻撃系の魔法は、精霊に歌を通して力を借りて発動するものが多いので、
 耳を塞いでもほとんど効果はありません。
 頭痛を起こさせたりとかは、攻撃してますがパラメータ変化系に含みます(笑。



・まあそんな訳で、多分RPGパロやるとしたら敵キャラサイドで登場します。
 もしレメ君たちご一行が森にやってきたとしても、
 「武器持ってる=敵」と単純に判断して先に攻撃してくるんじゃないかしらと。
 人間不信なので説得にも応じません。
 指がリュートの弦で切れて血を吹こうが何だろうが攻撃してきます。うわあ。
 とりあえず倒しさえすれば話自体は出来るようになるのかな。
 
 でもなぁ、だとしても本当に単発ボスだろうなあ。
 このままじゃ、サブイベントとかで、
 森の妖怪を倒してくれって依頼をこなしたりしないと会えなさそうだ…。
 

・といいますか、最初は四天王募集に応募してみたくて考えてみたんですが、
 なんかもう結果的にほぼ引きこもりキャラになっちゃって、
 これじゃあまず神様と接点作れないから無理じゃないかアッー!!/(^o^)\
 もし何かしらで会えて、神様に先に心を開いていたりしたら、
 神様に敵対する人=敵 って感じで少しは神様陣営にも協力できそうですが…。
 でもどっちにしろ、こいつ四天王とかじゃなくて、
 せいぜい序盤か中盤で出てくるボスくらいのレベルでしかなさそうだなぁ(苦笑。

 そうそうそれと、クレスは倒した後に誤解さえ解いてあげれば、
 森の外に連れ出して、仲間にすることは可能です。
 流石に、それなりに会話して一度心を開かせないと無理そうですが、
 心さえ開かせれば説得自体はそんなに難しくなさそうです。
 成長してからほぼ初めて出会う人間=仲間なので。そりゃあ惹かれるよねえ。
 最初に見たものにくっついていく雛鳥の法則ですね、はい。

 もしこのとき、神様陣営に入っていれば説得は多少大変かもですが、
 神様がレメ君を好きらしいってことと、話してみたらみんな良い人だったってことから、
 クレスが「この人たちは本当に敵なのか?」って自分の認識を疑いだしさえすれば、
 あとほんのひと押しで仲間に出来ます。たぶん。
 まあその場合でも、いざ神様に攻撃しろって言われたら、無理そうですが(駄目じゃん。
 でも雑魚キャラ相手とかだったら容赦なく攻撃してくれるかと。




大体そんなーかーんじー♪←

…げっふげっふ。
わ、我ながら長く書きすぎた…妄想楽しすぎるぜ……。
空き時間もそろそろ終わっちゃうので、今日はこの辺で失礼しますね。
帰ったら少しくらいP-Diaryの方も更新できたらいいな…!


(追記
設定を若干推敲しましたー。
一回ミスって30分かけた修正文が吹っ飛んだけど私泣かない!!
 
日記 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。